ABOUT

CHIHARU EZAKI

北海道白糠町生まれ。斜里、北見で育つ。
北星女子短期大学生活教養学科卒業。
社会人後、イギリスにテキスタイルを勉強する為、渡英。
Arts University College of Bournemouth FdA Textiles 卒業。
卒業後、札幌にてLambentとしてハンドプリントテキスタイル雑貨を制作。
2021年10月より中川郡幕別町で活動。

作品制作の他、子供や大人のワークショップもしています。

Lambent(ランベント)とは古い英語の形容詞で、「ゆらめく、淡く光る、柔らかく輝く、軽妙な」という意味を持っています。イギリスで語学学校へ通っていた時に先生が「30年生きていてこんな素敵な言葉、知らなかった」と教えてくれた言葉です。その時、英語で聞いた時に、ぼんやりと、とてもキラキラとした情景を思い浮かべた事から、テキスタイルも感じて、想像して作りたいとつけました。

これからも日々、色んなことを感じて制作していきたいです。

模様やデザインは素材や形と違って必要不可欠なものではないかもしれませんが、色や模様によって、生活が明るくなったり、楽しくなったらいいなと思っています。 映画を見て感動したり、美味しいものを食べて元気が出たりするように、デザインや色合いもそういう存在だったらいいなぁと思い、自身もそんな作品を制作したいと思っています。

WORKS

DIARY

SHOP

時期によりオンラインの販売もしております

CONTACT

お問い合わせはこちらへ
work@lambent-design.com